化粧品の刺激成分記事一覧

化粧品の刺激成分の中でももっとも「悪役」として扱われることが多いのが合成界面活性剤です。スキンケア製品の中には「合成界面活性剤不使用」をセールスポイントに掲げているものもあります。そもそも界面活性剤とは何か合成界面活性剤とは化学的に合成された界面活性剤のことです。そうなるとそもそも「界面活性剤とは何か?」という疑問に行き当たります。スキンケア製品の商品ページなどを見ていると界面活性剤そのものが悪役...

シリコンは化粧品よりもシャンプー、コンディショナーに含まれていることで注目を集めている成分です。もともとシャンプーや化粧品の仕上がりをよくするために配合された成分なのですが、現在ではそのデメリットが指摘される機会が増えています。ウォータープルーフ商品に配合されていることが多いシャンプー・コンディショナーでは毛髪をコーティングするために配合されます。コーティングすることで毛髪のまとまりをよくし、ダメ...

パラフィンとは防腐剤のことです。その名称の通り製品が劣化するのを防ぐために配合されています。ですから必ずしも悪役というわけではなく、重要な役割を担っています。微生物による劣化・変質を防止化粧品は基本的に毎日使用します。そして使用するたびにフタを開けて外気に触れる環境とになるため、微生物が侵入・付着する機会が多くなります。それが積み重なると成分が劣化・変質するといった大きな問題が生じてしまいます。パ...

エタノールとはアルコールのことです。化粧品の成分として配合されるアルコールはエチルアルコールのことで、これを成分表示ではエタノールと読んでいるのです。これはアルコール飲料にも使用されており、さまざまな成分を溶かす作用を備えています。エタノールを使用する理由はいくつかあるなぜ化粧品にアルコールを使用するのでしょうか。それにはいくつかの理由があります。まず殺菌効果。肌への作用よりも製品の持ちそのものを...

香料とは文字通り製品に香りをつけるための成分です。この香りも芳香成分などといわれる香りをもたらす成分によってもたらされるため、肌に何らかの影響を及ぼすケースもあります。リラックス効果などのメリットとして重視している製品もある香りはスキンケアに直接関係がないように思えますが、製品の魅力を高めるために重要な意味を持ちます。また、香りがリラックス効果をもたらすなど製品の効果の一環としてこだわっている製品...