合成界面活性剤って何?

化粧品の刺激成分の中でももっとも「悪役」として扱われることが多いのが合成界面活性剤です。スキンケア製品の中には「合成界面活性剤不使用」をセールスポイントに掲げているものもあります。

そもそも界面活性剤とは何か

肌に優しい化粧品

合成界面活性剤とは化学的に合成された界面活性剤のことです。そうなるとそもそも「界面活性剤とは何か?」という疑問に行き当たります。スキンケア製品の商品ページなどを見ていると界面活性剤そのものが悪役扱いされているような印象も受けますが、実際には洗顔料などスキンケア製品に欠かせない成分のことです。

 

化粧品に使用される界面活性剤とは簡単に言えば「水と油を混ぜ合わせるためのもの」です。本来混ざり合わないものの代名詞として扱われることが多い水と油ですが、スキンケア製品ではこの2つをうまく混ぜ合わせることが必要なのです。とくに洗顔料やクレンジングでは洗浄力を向上・安定させるうえでこの作業が不可欠となります。そのため界面活性剤が使用されるわけです。

 

この界面活性剤は天然由来の素材から抽出できるものもあり、レシチン、サポニン、ペプチドなどがその代表格として挙げられます。安全性を重視するならこうした天然由来の界面活性剤を使用するのが1番なのですが、洗顔料に使用する場合には洗浄力に劣るという大きな問題点を抱えています。清潔意識が強く、メイクを落とす必要もある現代社会では十分な洗浄力を得られないケースが多いのです。

 

そこで化学的に合成されてより強力で安定した洗浄力を得られる合成界面活性剤が使用されるというわけです。

強すぎる洗浄力は乾燥の原因にもなる

肌に優しい化粧品

しかし一方では強すぎる洗浄力が肌の乾燥の原因となったり、バリア機能を損ねることで不要な刺激を与えてしまう問題点を抱えています。さらに使用を続けていると化学成分に含まれている化学物質が体内に蓄積してアレルギーをはじめとした健康への害をもたらす可能性も出てきます。

 

このように、界面活性剤そのものはスキンケアに必要なものの、化学的に合成された合成界面活性剤にはいくつかの問題を抱えているのです。そのため肌の乾燥や肌荒れといった悩みを抱えている人は避けた方がよい、ということになります。
口コミで選んだ肌に優しい化粧品ベスト5>>

敏感肌で使ってみたいトライアルセット

ミューノアージュ(MUNOAGE)

ミューノアージュ(MUNOAGE)

肌の再生力を活発にして目もと口もとに極ハリを生む無添加ドクターズコスメ
10日間お試しセット 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
>>公式HPで詳しく見てみる!

decencia(ディセンシア) アヤナス 10日間トライアルセット

肌に優しい化粧品選び方

敏感肌でも積極的にエイジングしたい方のための専用化粧品
10日間トライアルセット通常価格2,700円・税込→初回限定価格1,480円・税込
(アヤナスローションコンセントレート20ml・アヤナスエッセンスコンセントレート10g・アヤナスクリームコンセントレート9g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

ファンケル アクティブコンディショニングEX

ファンケル アクティブコンディショニングEX

角層の乱れを整えてハリ不足・くすみ・乾燥のエイジング悩みをまとめてケア!
3,672円→1,830円・税込 ※初回限定・お人様1セット1回限り
(化粧液・乳液・洗顔パウダー・マイルドクレンジングオイル・泡立てネット・花柄フラットポーチ)
※ファンケルの無添加化粧品は、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収材不使用
>>公式HPで詳しく見てみる!

関連ページ

シリコンとは
化粧品の刺激成分、シリコンとはどのようなものでしょうか? 人気の肌に優しい化粧品と化粧品を選ぶ際のポイントと注意点を紹介しています。
パラフィンとは
化粧品の刺激成分、パラフィンとはどのようなものでしょうか? 人気の肌に優しい化粧品と化粧品を選ぶ際のポイントと注意点を紹介しています。
エタノールとは
化粧品の刺激成分、エタノールとはどのようなものでしょうか? 人気の肌に優しい化粧品と化粧品を選ぶ際のポイントと注意点を紹介しています。
香料とは
化粧品の刺激成分、香料とはどのようなものでしょうか? 人気の肌に優しい化粧品と化粧品を選ぶ際のポイントと注意点を紹介しています。